あなたのことばかり

考えても考えても尽きることもなく

キャンジャニちゃんの魅力について語り合おうじゃないか

みなさんは2年前の2015年突如現れたデビューしたてのスーパーアイドルキャンジャニ∞を覚えているだろうか。

嵐のように颯爽と現れ、雑誌の表紙を飾ったりCMに出たり、Mステに出演したりして私たちのハートを奪っていったうら若き乙女たち。そんな天界から舞い降りてきた天使のような美少女は最近めっきりメディア露出しなくなってしまった。それどころかCDも出さないし姿さえ見せてくれない、今どこで何をしているのか真相は闇の中……。キャンジャニちゃんが足りない!!!!!ということで今回はキャンジャニちゃん萌ポイントについて語っていきます!!!!!

 f:id:m5o11m11:20170905220356j:image

キャンジャニかわいいよ!!!!!!!!!!(怒)

 

 

 

 キャンジャニ∞のメンバー構成

まずキャンジャニ∞は7人組の女性アイドルグループである。デビューシングルは「CANDY MY LOVE」某ゲームアプリのCMタイアップ曲である。

メンバーは

「色白なのはあなた色に染まりたいから♡」な色白黒髪長身に加え胸のサイズはfantasyカップなみんなのお姉様横子ちゃん

「挨拶とスカートは短い方がいい」圧倒的センターな美人。ぱっちりお目目に黒髪ロング、短いスカートからご自慢のイカした下着が見えちゃってるすば子ちゃん

「八重歯で前髪を噛み切っちゃった♡」永遠の清純純情派キラキラお目目に八重歯がチャームポイントな村子ちゃん

「ウナギの寝床ばりにシャイです♡」京都出身のはんなりキラキラガール。彼氏には尽くすタイプ私のことブスって言わないで!たまに男言葉になっちゃうお茶目な丸子ちゃん

「元気さぁ〜いけるさ〜」出身が沖縄らしくたまに方言が出るキラキラ笑顔の自称安産型アイドル。男に平然とボディータッチするタイプ安子ちゃん

「今日も頑張りますよろしくお願いします♡」うさ耳がチャームポイント普段あまり喋らないからたまに喋ると男声になっちゃう、みんなを魅惑する錦子ちゃん

「みんなにはあまり言えないことばっかりやってきました♡」性悪スタンダード、枕営業なんのその、私が1番かわいいんだから私より目立つやつは許さない♡社長令嬢倉子ちゃん

 

個性豊かなメンバーたち、みんな自分の推しがすぐ決まっちゃう?それともみんな魅力的すぎてどの子にしようか迷っちゃう?私は断然倉子推し!!!!!!

 

メンバーの関係性

さて個性豊かなキャンジャニちゃん、美少女たちだってお年頃(私の中の設定ではキャンジャニちゃんは高校生です、だって制服着てるし)ただ可愛いだけのアイドルじゃないの。ここからは実際に媒体として見たり聞いたりしたものに基づいて、完全なる私の妄想が入り混じります!嫌な人はみなくてもいいよ!!!!

繰り返します!ただの妄想です!注意してね!

 

 

  1. 倉子VS丸子                
  2. 横子と村子の関係性
  3. 安子は彼氏がいても普通に他の男とデートする
  4. すば子と錦子は魔性の女
  5. 錦子は丸子の顔が好き 

 

 

まずは倉子VS丸子について、この2人はことあるごとに喧嘩してる。主に丸子が何か発言すると倉子が丸子に対して辛辣な言葉を浴びせる、という図がなりたっている。 

丸子ちゃんは基本学校にはお化粧もしていかない、周りの子はみんなちょっとはしてるけど丸子ちゃんはあんまりお化粧品とかに興味はない。

「だって丸子、素のままが1番可愛いし素敵だもんっ♡♡」

「うっさいブス。あんたなんか化粧してもしなくてもブスなのよ、鏡見なさい」

「きぃ〜〜〜〜っ!なんなのよあんたっ!丸子がメイクしてもっと可愛くなっちゃうのが怖いんでしょ!ふんっ!」

「寝言は寝ていいなさいブス子」

こんな会話が繰り広げられるわけだが、ある日丸子は安子と錦子にお化粧をしてもらったことがあるの。それをみて周りの子はみんな丸子ちゃん可愛い〜〜!いつもお化粧すればいいのに!(失礼)なんだか大人っぽくなっちゃって!その口紅の色とても似合ってるわよ!なんてたくさん褒めてくれた。たしかに鏡を見てみてもいつもの自分じゃないみたいでなんだかムズムズしちゃって照れくさい感じ。そうだ!この姿倉子にも見せてやろう、さすがにこんな丸子を見ちゃったら倉子だって丸子のこと可愛いって見直しちゃうはずよ!

丸子は倉子に今の自分の姿を見せに行きます。倉子は一瞬驚いたように目を開く、でもすぐになんでもないみたいにいつもの調子で丸子に言うの。

「ふん、あなたなんだか今日は綺麗じゃないの。せっかく可愛いんだからいつもちゃんとしなさいよね、このバカ丸子」

本当に倉子が自分を褒めてくれちゃったからなんだかいつもどおりに笑えないアホみたいな顔で固まって調子狂っちゃう丸子ちゃん。顔を真っ赤にしちゃう丸子と、丸子は気付かないけど耳が真っ赤になってる倉子。2人はまたいつものように口喧嘩しながら一緒に帰るの。

 

 

 

………….倉子と丸子はこういうイメージです!!!!可愛い!!!!!!倉子はいっつも丸子に冷たくするんだけど、ちゃんと褒めるときは褒めるし丸子のことを本気でブスと思ったことはない。顔は可愛いのにお化粧しないし、表情も作らない丸子にイライラしちゃってるだけなの。でも天邪鬼な倉子はそんなこと丸子には言わないし、丸子もいつも悪口を言われたって倉子が本当は悪い子じゃないって知ってるからこの2人は本気で喧嘩してるわけではないんです。自分が丸子をブスブス言うのはいいけど、他の子が言ってると気にくわない倉子。他のメンバーが丸子のことをブスって言ってるときはそっと口を閉じます。「…丸子のことをブスって言っていいのは私だけなんだから」

 

 

 

 くぅ〜〜〜〜〜〜〜〜!たまらん!!!

 

 

   

ハイ次は横子と村子の関係性

横子と村子は幼稚園の頃からの幼馴染、昔からすば子と横子と村子は3人で仲良し、ずっと一緒に遊んできたの。高校生になって生徒会長になった横子と副会長になった村子。でも自由奔放なメンバーをちゃんと束ねられているか不安な横子、自分のあるべき理想の姿で在れているか悩みがちで周りには見せないけど実は不器用でちょっぴりナーバスになっちゃうの。でもそんな横子の心情をしっかりわかってていつもさりげなくフォローしてくれる村子。

「…さっきはありがとね、村子」

「なんの話やねん?それより横子!あなた最近なんだか元気ないじゃないの!クレープでも一緒に食べに行きましょ!駅前にできた新しいとこ!次の授業自習になったでしょう?ねね、ちょっと抜け出しちゃいましょうよ!」

「ふふふ、そうね、たまにはいいわねそういうのも。村子、ありがとう」

「ほら!横子は笑った顔がいっちばん可愛いんだから!」

昔から変わらず元気で太陽みたいに明るく優しい村子、そんな村子に励まされて久しぶりに自然に笑みがこぼれた横子。学校ではしっかり者で居なきゃって気を張ってる横子も村子の前では昔のままの姿で居られるの。村子の横は落ち着くなって前を歩く村子の後ろ姿を見つめながら微笑む横子。昔みたいに手を繋いで歩いてみるのもいいかもね、村子。

 

 

 

 

…………横子と村子はこんな感じ!!!!!!伝われ!!!!このもどかしい2人の青春!!

村子はいつまでも横子の中でヒーローだし、横子はどんなに偉くなったって皆んなの憧れになったって村子にとってはただの大切な幼馴染。この2人の関係はこれからもずっと変わらないまま。疲れ果てるまで公園で走り回ってどろんこのまま2人で夕日を見ながらパピコを食べて帰ったあの日のまま。今日もあの日みたいな綺麗な綺麗な大きな夕日。隣から響く変わらぬ村子の笑い声。「もう!横子!早くせなお店閉まっちゃうわよ!」

 

 

 

もう結婚しろ!!!!!!!!!!

 

 

 

どんどん次!!!!安子は彼氏がいても普通に他の男とデートする!!腹黒安子キタ!!!!安子は絶対に腹黒やねん!家庭科部に入ってて、毎週土曜日午前授業の後が週に一回の部活の時間。今日はレアチーズケーキを作るみたい。上手くできるかは分かんないけど出来上がったら彼氏にあげに行こう♡ってウキウキ気分で部員のみんなと楽しくおしゃべりしながら作るの。それで出来上がったケーキの写真を他校の彼氏にLINEで送って

「[これめっちゃ上手に出来てん♡2人で一緒に食べよ♡いつもの公園で待っててね!]っと……よし!急いで行こう!って、わぁ!」

「おい危ないな安子、急に走り出したらあかんで自分。ん?なんやそのケーキ随分美味そやな」

「あ〜!横山センセやん!これ今部活で作ったのよ!そうだセンセこれ安子と一緒に食べましょう!センセコーヒー入れてよ!」

「なんやねんそれ。ホンマに俺食っていいんか?まあええわ、ほな物理準備室先行っとけ、俺ちょっと錦戸先生に用あるから」

安子はカッコよくてスタイル良くて生徒に大人気な横山先生のことが本当は好き。彼氏のことはただのキープ、本当に心から好きなのは横山先生よ。でも先生は安子のことただの生徒としか見てないの、そんなことはわかってるから横山先生を狙ってる他の子達より先生と仲良くならなくちゃ。本当はコーヒーも飲めないけど先生の前では大人のフリ。彼氏にはすぐにLINEする。「ごめんねやっぱり今日無理になっちゃった♡また今度遊ぼ♡」横山センセかっこいいな。物理準備室で横山先生の席に座って椅子にかかってた先生の上着をギュッと抱きしめてみる。時間は午後5時、窓から見える12月の冬空は冷たくてでもどこか切なくて暗くって。まるで安子の心みたい。

 

 

…………腹黒感はちょっと薄れちゃったね!!!!でも安子が横山先生とケーキ一緒に食べようって誘うとき彼氏の顔は安子の脳裏には全くよぎりません!!!なんの罪悪感もない安子!昨日も塾が一緒の男の子とご飯食べに行ったし、明後日は合コンで知り合った男の子のお家にお邪魔する予定。でも本当に好きなのは横山先生だけなの。そんなの全く知らない横山先生、鈍感にもほどがあるで有名な先生は今頃呑気に錦戸先生と話してるんだろうな。安子のことただの生徒としか思ってないだろうけどセンセ、安子、色々知ってるよ?「ね、センセェ、安子もう子供じゃないのよ?」

  

 

あざとい!かわいい!解散!

 

 

 お次はすば子と錦子は魔性の女

この2人は学園のアイドルみたいな存在。2人ともすば子様、錦子様、なんて呼ばれちゃったりして隠れファンクラブも在るくらいみんなの憧れの的なの。すば子は親しくない人の前ではすごく大人しくて全く喋らないからミステリアスな雰囲気の高嶺の花。でもメンバーの前では楽しそうに笑ったりするから周りの子達はドキドキしちゃうよ。錦子ちゃんも心許した相手以外には無愛想で口も悪くなっちゃうから、誤解されやすいけど本当はぶっきらぼうだけど優しい女の子。たまに出る照れた笑顔で皆んなをメロメロにしちゃいます。2人とも校門を出た瞬間他校の男の子からラブレターの嵐なのは毎日のこと。

「へへへ、すば子も錦子も今帰りか。なんや自分ら今日も男子たちから待ち伏せされとんのか?先生裏道から送ったるわ」

「丸山先生、今日もマヌケヅラやな。そのアホヅラ早よどうにかせんと婚期逃すわよ。」

「丸山センセ、チャックが開いているわ。センセのダッサイパンツなんて見たくないのよ。私のイカしたティーバック見せてあげ、」

「わぁー!!💦何してんのよすば子ちゃん!丸山先生こっち見んといて!!」

「な、なんやねん君ら…。随分手厳しいなぁ、先生泣いてしまいそうやわぁ」

丸山先生は2人のためを思って声をかけましたが2人には全く届いてない様子。つれない態度の2人を先生の車に乗せて、遠回りで駅まで送ってくれます。思い返せばいつもトラブルに巻き込まれそうな時助けてくれるのは丸山先生。本当は感謝してるけどなんだか恥ずかしくて中々口には出せないすば子と錦子。今日くらいはちょっぴり優しくしてあげた方がいいかも。先生ってカッコよくて優しくて逞しくって、すっごく頼りなる。シャツの袖を腕まくりしながら運転する先生になんだかドキドキしてきちゃって、いつもみたいにうまく話せなくて車内には丸山先生の声しか響かない。目的地まで辿り着いて、降りるときに2人ともちっちゃな声で、でもしっかり目を見ながら言います。

「…先生、いつもありがとう。冷たくしちゃうけど、錦子、先生のこと大好きよ」

「本当はセンセってすっごくイカしてるのよ。カッコいいセンセも頼りないセンセもすば子、……どっちも好き」

丸山先生は鳩が豆鉄砲食らったみたいな顔してるけど、御構い無しにあの綺麗な顔でニコッと微笑んで駆け足で駅に向かってく2人。その時の先生の顔をバカにしながら小一時間笑い転げる2人。

 

 

 

………なんて罪な女たち、、、!!!!丸山先生はこのあとずっと顔が真っ赤だよ!!!しかもこの2人の車内での葛藤も超ーーーーー真顔ですから、丸山先生は2人がずっと無言で怒ってるようにしか見えてなくて、怖くて泣きそうでずっとベラベラどうでもいい話一生懸命してたところに不意打ちのこの言葉。俺がもうちょっと遅く生まれてたらな!!なんて思ってクラクションブーブー鳴らしちゃって、隣の外車にルームミラー越し睨まれてブレーキを踏みます。しかもあの子ら、あー言えてスッキリ、くらいにしか思ってませんから!!怖!!

「魔性の女や!小悪魔や!先が思いやられるでホンマぁ〜!」あとで村上先生にこのこと話してど突かれるまでがワンセット。

 

 

可愛いは罪とはこのことかな!!!!

 

 

最後に!錦子は丸子の顔が好き

丸子っていっつも皆んなにブス!とかガイコツみたい!とかデカ女!だとか色々言われてるけど錦子はそんなこと一回も思ったことない。だって丸子って私の好みのタイプど真ん中な顔なんだから。だから皆んなが丸子をブス扱いするのが疑問で仕方なかった。文句を言ってやりたいんだけど、そんな勇気ないからそれを黙って見てるだけ。

「はぁ〜ん!もう嫌んなっちゃう!皆んな丸子のことブスブスって、酷いったらありゃしないわ!」

「ねえ丸子、わたしあなたをブスだなんてそんなこと思ったことないわ。だってあなたって目も鼻も口も耳だって全部綺麗なんだもの。」

「えっ、はっ、本当?錦子ちゃん!丸子ったら嬉しいわ!あなたにそんなこと言ってもらえるだなんて!」

「嘘なんてつかないわ。わたし、あなたの顔が一等好きよ、大好きなの」

錦子からの本気ストレートの言葉に丸子はタジタジ。だって皆んなの憧れの女の子の錦子ちゃんにそんなこと言われちゃうんだもん。10人に聞けば10人が錦子ちゃんの方が可愛いって言うのに、錦子は頑なに丸子が1番可愛いと言って訊きません。いつも変なことする丸子に錦子は冷たく接するんだけど、丸子のことが大好きなのはどうしても隠しきれなくて周りにはバレバレ。丸子といるといつも自然体の自分でいられるから楽で仕方ないんです。自分には持ってないものを全部持ってる丸子のことをちょっぴり羨ましくて尊敬しているのです。明るくて面白くていつでも笑ってて誰からも好かれる丸子。そんなあなたのことが大好きなの。素直になれない錦子だけど、今はこのまま、あなたの優しさに甘えちゃってもいいかな?なんて春夏秋冬笑顔のあなたの隣にいたいだけなの。

 

 

 

………あぁ〜〜〜〜〜〜〜〜可愛いよ〜〜〜〜〜〜〜!!!!2人とも可愛いよ〜〜〜〜〜!!!!丸子もな!!!錦子の顔が1番好きなんだぜ!!!相思相愛なのこの2人!!!錦子は丸子好き好き〜〜〜落ち着くわ〜って感じで丸子のその懐の広さに飛び込んでってるんです!いつも完璧主義で色んなことに気がついちゃう強気の錦子だから丸子みたいにひまわりのような笑顔に癒されちゃうんだよ。いつまでも皆んなに愛されるあなたでいてほしいけどたまには錦子だけにその笑顔、向けてほしいの。「フフフ、ねえ丸子、なんだかここ、すごくあったかいのね」

 

 

好きです!この空気感!!!!